INTRODUCITON
解説

東アジア反日武装戦線とは?
彼らの行なった
企業爆破テロとは?

1974年8月30日、東京・丸の内の三菱重工本社ビルで時限爆弾が爆発した。8名の死者と約380名の負傷者が出たこの事件は日本社会を震撼させた。事件から1ヶ月後、犯人から声明文が出される。「東アジア反日武装戦線“狼”」と名乗るその組織は、この爆破を「日帝の侵略企業・植民者に対する攻撃である」と宣言。その後、別働隊「大地の牙」と「さそり」が現れ、翌年5月までの間に旧財閥系企業や大手ゼネコンを標的とした“連続企業爆破事件”が続いた。
1975年5月19日、世間を騒がせた“東アジア反日武装戦線”一斉逮捕のニュースが大々的に報じられた。人々を何よりも驚かせたのは、彼らの素顔が、会社員としてごく普通に市民生活を送る20代半ばの若者たちだったという事実であった。凄惨な爆破事件ばかりが人々の記憶に残る一方で、実際に彼らが何を考え、何を変えようとしたのかは知られていない。
時は過ぎ、2000年代初頭、釜ヶ崎で日雇い労働者を撮影していた韓国のキム・ミレ監督が、一人の労働者から東アジア反日武装戦線の存在を知り、彼らの思想を辿るドキュメントを撮り始めた。出所したメンバーやその家族、彼らの支援者の証言を追うなかで、彼らの思想の根源が紐解かれていく。
高度経済成長の只中、日本に影を落とす帝国主義の闇。彼らが抗していたものとは何だったのか?彼らの言う「反日」とは?未解決の戦後史がそこに立ち現れる。

DIRECTOR
監督

キム・ミレ

キム・ミレ
監督・プロデューサー・共同企画

1964年、韓国生まれ。韓国外国語大学ドイツ語専攻を卒業後、韓国独立協会の運営委員を務める。2000年頃から韓国と日本の労働運動や人権問題に焦点を当てたドキュメンタリー制作を始める。 初の長編作品We are Workers or Not (03)はフリブール国際映画祭でドキュメンタリー賞を受賞。その後、日本の日雇い労働者を描いた『土方』(05)でソウル人権映画祭人権映画賞を受賞。2007年に韓国で起きた女性労働者の占拠運動を描いた『外泊』(09)は山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門特別招待作品に選出された。SANDA: Surviving (14)では韓国のDMZ国際ドキュメンタリー映画祭で最優秀韓国ドキュメンタリー賞を受賞した。

70年代の日本において、戦時中の日本国家に搾取され殺された東アジアの人々の「恨みと悲しみ」を胸に、自らが生活している社会の正義のため正しいと思ったことを行動に移し、最後までやり遂げようとした若者たちがいました。しかし、そのために8名の人が命を失い、多くの負傷者が出ました。彼らは逮捕されたのちに、刑務所の内外で長い期間にわたって、自らのために犠牲になった人々の死に向きあって生きねばなりませんでした。苦痛だったかもしれませんが、幸いにも「加害事実」に向き合う時間を持つことができたのです。8名の死と負傷者たち。それがこの作品の制作過程の間じゅう私の背にのしかかってきました。しかし、彼らと出会うことができて本当に良かったと思います。この作品は、私に多くのことを自問する時間をくれたからです。どう生きれば良いのか、今も考えています。観客の皆さんにも問いが生まれることを期待しています。

COMMENT
コメント

彼らは何を求めたのか。そして何を間違えたのか。
時代は終わっていない。そこにかつて統治された国からの視点が重なる。
事件から半世紀が過ぎかけているからこそ、僕たちは解釈の多様さを取り戻さなくてはならない。

森達也
映画監督・作家・明治大学特任教授

THEATER
劇場情報

2021327日[土]より
シアター・イメージフォーラム
ほか
全国順次公開
特別鑑賞券1,500円(税込)絶賛発売中!(当日一般1,800円の処)特別鑑賞券1,500円(税込)絶賛発売中!(当日一般1,800円の処)
2021年2月24日現在

※上映劇場・日程が変更となる場合がありますので、
鑑賞の前に必ず各劇場にご確認ください。

地域 劇場 電話番号 公開日
東京 シアター・イメージフォーラム 03-5766-0114 3月27日(土)
神奈川 横浜シネマリン 045-341-3180 近日公開
神奈川 あつぎのえいがかんkiki 046-240-0600 近日公開
栃木 小山シネマロブレ 0285-21-3222 近日公開
栃木 宇都宮ヒカリ座 028-633-4445 近日公開
長野 松本CINEMAセレクト 045-341-3180 近日公開
愛知 シネマスコーレ 052-452-6036 近日公開
京都 京都みなみ会館 075-661-3993 近日公開
大阪 シネ・ヌーヴォ 06-6582-1416 近日公開
兵庫 元町映画館 078-366-2636 近日公開
岡山 シネマ・クレール 086-231-0019 近日公開
広島 横川シネマ 082-231-1001 近日公開
福岡 KBCシネマ 092-751-4268 近日公開
沖縄 桜坂劇場 098-860-9555 近日公開
Pagetop